応募先企業と合う?合わない?面接時に確認すればそれがわかります

募集のポジションに至るまで

 

 転職を希望する者と企業との相性、これが最も大切なことなのかもしれません。相性が合わないのに転職してはいけませんし、転職してしまったら人生を幾らか無駄にしてしまいかねません。若ければその無駄も教訓とすることができますが、40代後半の人には正直そんな余裕はないでしょう。

 

 応募先企業と合うかどうかは、面接時に、今回の募集のポジションに至るまでにどのような過程があるのかを聞けば、その一端を確認することができます。試用期間があるかもしれませんが、それに対してプライドが許さないとする転職希望者もいるでしょう。これも40代後半であればよくある話。

 

 採用された後に、「しばらくは下のポジションで」、などと言われないよう、面接時に確認しておくべきなのです。

 

今回は何を期待しての募集か

 

 企業は今回、どのようなことを期待して人材の募集を行ったのか。転職希望者ならこのくらいは踏み込んで聞いてみてもいいと思います。この質問でも、自分と企業との相性が合うかどうかがわかるはずです。

 

 採用者に求めているものを自分が持っているかどうか、その場で判断してみましょう。持っていると判断できたとしても、その答え次第では、「自分には物足りない、もっと高みを目指したい」と思う可能性もあります。そのあたりまでしっかりと相性を確かめることが求められます。

 

自分が携わるであろう業務の経験

 

 面接官に、実際に自分が携わるであろう業務をこなした経験があるか確認してみましょう。できれば今現在その業務をこなしている人と直接話ができればいいのですが、面接時にそこまでさせてくれない企業も多いので、だったら面接官本人がその業務の経験者かどうかを尋ね、もし経験者であればどのような思いで働いていたのかや、何を得たのかを聞いてみましょう。

 

 その仕事についてリアルな話が聞けると思います。仮に経験者ではなかったとしても、社内の人との交流はあるはずですから、今現在その仕事をしている人から普段どんな話を聞くか尋ねてみる価値はあるはずです。

 

 

<参考記事>



 
トップページ 転職成功手順 オススメ転職サイト