転職理由を聞かれたらどうしたら良いのでしょうか。

転職理由を聞かれたらどうしたら良いのでしょうか。

 

 

転職するとなると必ず聞かれることが、転職理由です。できる限り本当のことを言うべきですが、場合によっては嘘をつくことも大切です。

 

もしも前向きな理由で転職をするのであれば、本当の理由を言いやすいですよね。たとえば、夢ができたから夢の為に頑張りたいだとか、もっと自分が成長できる場で働きたいと思っただとか、このような理由であれば大丈夫です。しかし問題は、後ろ向きな理由での転職の場合です。

 

後ろ向きな理由とは、つまりは、今の職場を辞めたいから辞めるというものです。仕事がきつすぎて嫌だから、人間関係がうまくいかないから、うまく仕事ができないから…といったようなものたちです。

 

しかしこれをそのまま履歴書に書いたり面接で言ったりすると、まず、採用されないと思った方が良いでしょう。なぜなら、「採用しても同じ理由で辞められるかもしれないな。」と思われてしまうからです。そこで、こういった理由の時には、多少は嘘をつくようにしましょう。

 

仕事内容に関する後ろ向きな理由であれば、言い方を変えれば、なんとか前向きな理由に変えることができると思います。「今の職場では○○のような仕事をしています。そのことがきっかけで、もっと□□な仕事を専門的にしていきたいと感じました。」というような形にしましょう。今の仕事内容が嫌だという言い方ではなく、他にやりたい仕事ができた、という言い方にするのです。

 

また、人間関係についても、多少は前向きな理由に変えられるでしょう。「今の職場では若い人の意見は聞いてもらえません。私はやりたいことがたくさんあるため、先輩後輩、上司部下関係なく意見を言い合える環境である御社で働いて、自分の力を試したいと思いました。」といったような形ではどうでしょうか。人間関係が良くないということを、仕事へのやる気という形に変えた良い理由だと思いますよ。

 

嘘が苦手な人は、何度も何度も練習して、本当にそう思って転職すると自分が勘違いするくらいにまでなっておきましょう。時には嘘をつくことも大切ですので、自信をもってくださいね。


転職理由を聞かれたらどうしたら良いのでしょうか。関連ページ

転職活動前に退職しても良いのでしょうか。

 
トップページ 転職成功手順 オススメ転職サイト