40代からの仕事探しのコツ

40代からの仕事探しのコツ

 

40代からの仕事探しのコツ

 

40代以降の採用を企業が渋る理由。

 

 転職が当たり前の世の中になりましたが、40歳からの仕事探しは簡単ではありません。それは、採用するなら若い方が良いと、企業側が考えていることが多いからです。

 

 企業が40代以降の採用に二の足を踏む理由として、配属先の上長が年下になってしまう、過去の実績や自分のスタイルに固執する傾向が強い、平均年齢が若い職場になじめない、ネガティブな転職を繰り返しているように感じられる、などがあげられます。

 

 そうした事情を考慮すると、ヘッドハンティングされるような、キャリアアップにつながるスキルや実績を持たない40歳からの仕事探しは、自分の発想を柔軟にすることが大切なのかもしれません。

 

勤務条件や業種にこだわりすぎない。

 

 求人サイトや転職エージェントが行う、いろいろな調査結果を見ても、40歳からの仕事探しに難航している様子が見られます。ですが、そんな中でも転職を果たしている人はいます。その違うがどこにあるかというと、仕事探しに対する発想の柔軟さです。

 

 年収や休日などの希望条件にこだわり、応募先をえり好みしていたり、まったく経験のない業種に転職しようと思っても、仕事先が見つかるわけはありません。仕事探しが目的なら、人がやりたがらないような求人にも応募したり、これまでのキャリアを活かせる業界や職種で、多少年収が下がっても就職できそうなところで妥協することも必要です。

 

 また、転職だけが仕事ではありませんから、行政書士や司法書士、社会保険労務士などの資格を取り、将来は独立開業を目指すという方法もあります。何が仕事探しの目的なのかを考え、自分に最適な道を見つけてください。


40代からの仕事探しのコツ関連ページ

45歳の平均年収と転職事情

 
トップページ 転職成功手順 オススメ転職サイト