40代後半から転職成功するための手順

厳しい40代の転職を果たすためには

 転職は世代が上に行くほどするのが困難になっているといわれます。最近ではそれも緩和されてきたのですが、それでもまだまだ厳しい現状なのは変わりません。

 

 40代で転職をするとなればすんなり行かないと考えておいた方がいいでしょう。では40代で転職を考えるのなら゛とのように進めていけばいいでしょうか。

 

 

転職の準備をしよう

 まずは自分がこの年齢までに培ってきた技術と経験をまとめておきましょう。40代での転職となれば必ずそれらが問われ、大きく採用されるかどうかに影響してきます。

 

 そもそも転職で自分が何ができるのか分かっていなければ話になりません。転職をするという時期だからこそ今一度自分を見直す必要があるのです。

 

<参考記事>

 

 

求人情報を探す方法

 転職の求人自体は多くあれど、40代となるとその選択肢は大分限定されてきてしまいます。

 

 企業によっては40代では取る気がないところもありますので、求人情報を見て年齢関係なく経験や技術が問われるとこに注目するのがいいでしょう。

 

 探すのが難しいため求人情報を探すのなら転職サイトは必ず利用しておいた方がいいです。

 

<参考記事>

 

 

上手に履歴書と職務経歴書を書く方法

 この年になってしっかりと書けなければその時点で論外として選考から外されます。

 

 ただ、履歴書は久々に、職務経歴書は初めて書くという方もいると思われるので、今一度改めてそれらの書き方を調べておきましょう。

 

 志望動機に関しては若い世代と同じように意欲を欠いただけでは評価されないので、自分の経験と技術も交えて書くようにしましょう。

 

<参考記事>

 

 

面接通過のポイント

 面接では自信を持つのはもちろんですが、それ以上に謙虚な姿勢で挑みましょう。40代となると経験と技術から来る「驕り」が多くなります。

 

 実際にそれで入社後も長続きしないということがあります。そしてそれだけの地位の人間であればコミュニケーション能力も問われるようになるため、相手の質問に適切な答えを返せるようにしておきましょう。

 

<参考記事>

 

 

退職・入社も準備が必要

 40代となれば仕事も重要なポジションにいることが多いです。ここで適当に退職すると後々の仕事に影響してくる場合があるので、引継ぎは後継者も交えて正確にしておきましょう。

 

 それが大変な作業になることも多いため、転職先の会社の入社日と現在の職場の退職日はそれぞれの会社とかけあって調整をしておく必要があります。

 

<参考記事>

 

 



 
トップページ 転職成功手順 オススメ転職サイト